美しく繊細で綺麗な結婚指輪ですが、結婚指輪はほとんどの場合、長く使い続けることが前提です。

このため、どのショップにおいても、オーダーメイドという形を取っていることもありますし、一つ一つをこだわりの製造や製法によって、作成されていることがほとんどです。

結婚指輪を作る職人たちは、どのようなこだわりをもって、結婚指輪を作成しているのでしょうか。

まず、結婚指輪の職人たちは、創業してから歴史のある工房で指輪を製造していることが多いです。長いところでは、創業から50年という歴史を持っている工房で、確かな技術によって、製造を行っているところもあります。

さらに、結婚指輪を造る職人たちのこだわりとして、世界中で職人たちは、修行を積んでいると言うことです。

ほとんとの工房においては、結婚指輪を造る職人たちは、世界中で修行を積んでいることが多く、日本だけではなく、たとえばイタリア、アメリカなどの、本場での修行を行っています。

こういった海外で得た技術だったり、さらには、代々続いているそのブランドの工房の技術を合わせていることがほとんどです。

さらに、結婚指輪を造る職人たちは、その技術に甘んじることはありません。常に最新の技術の向上につとめていることがほとんどです。

結婚指輪には、デザインの移り変わりや、お客様の希望によって、さまざまなアレンジをする必要があります。さらに、オーダーメイドに不安を感じているというお客さんもいらっしゃるといえるでしょう。

こういった不安をなくすため、常に技術の向上を目指しているのが、結婚指輪の職人たちなのです。

結婚指輪工房は、そのブランドによって、その職人がどこまで作業を行っているのかそれぞれ違いがありますが、こだわりのある工房では、熱い鉄の塊から、指輪を取り出し、そして一つ一つを作り出すというところから職人が手がけているところもあります。

今は、金属を型に入れて、作り上げていく方法、そして金属からたたいたり削ったりして、一から作り上げていく方法があります。こだわりのある工房においては、一から作成している工房も少なくありませんし、最初から最後までを人間の手で手がけているところもあります。

最近では、ほとんどが機械作業になっている結婚指輪作りですが、こだわりをもつ職人たちは、最初から最後まで手作業を徹底していて、一つの結婚指輪という作品に、時間と手間をかけているというところが多いのです。