バンコクの宝石市場に関して

アジアでは大きな規模を誇るタイの首都バンコクの宝石市場について

微笑みの国タイの首都にあるバンコクは、意外な事に知る人ぞ知る業界人の間では世界的にもとても有名な
宝石市場があります。バンコクにはいくつかの宝石市場があり、市場に入ればそこは、色とりどりの美しい宝石が
ゴロゴロ転がるとても美しい魅惑の世界が広がっています。宝石にあまり興味がなくても、キラキラした
宝石を前にすると、その美しさに感動すら覚えてしまいます。
今回は、バンコクにある宝石市場について色々とまとめてみました。

【タイは世界の5大宝石集積地として知られている】

バンコクの宝石市場に関して

宝石に携わる人や宝石に興味がある人ならご存知かとは思いますが、実はタイは世界的に見ても世界有数の宝石が
集まる地として知られています。世界には5つの有名な宝石の集散地と呼ばれている国があり、それは
タイ、イスラエル、インド、ベルギー、アメリカの国々の事を言います。そして、タイ国内には1つに限らず
とても賑わう有名な宝石市場があります。

・首都バンコクで有名な宝石店が集結する「JEWeLrY TRADe CeNter BANGKOK」(JTC)

タイの首都バンコクには、宝石商と宝石店が集結する日本でいうアメ横の様な宝石店が集結した宝石取引ビル
「JEWeLrY TRADe CeNter BANGKOK」通称JTCがあります。海外からタイへ宝石を買い付けに訪れるバイヤーの間では
知る人ぞしるとても有名な場所です。
バンコクのシーロム駅からだとタクシーの乗って約10分車を走らせた場所に、そのビルはあります。
このビルは59階建てになっており、中に入るととても綺麗でキラキラした宝石の世界が広がっています。

JTCには、宝石の原石の状態で売られているのが一般的です。そして、石をはめ込まない状態のリングも売っていて
その場で自分の気に入った石をはめ込んでくれるシステムもあります。

ここは、宝石店が多く立ち並び室内にはショーケースに並んだ原石等が綺麗に並べられていたりします。
このJTCだけではなく、街中にも原石や研摩を済ませ後はジュエリーに加工されるのを待つだけの石も
当たり前の様に売られていたりする環境なのです。

・JCT以外にも周辺にもたくさんある宝石店

JCTの周辺にも、宝石業界の人々が行く業務用のお店がひしめくビルがあります。どちらかというと
そちらの方が地元の宝石商が集まるローカルのビルという雰囲気が漂っています。バイヤーはこちらの
ビルに集まる事が多いそうです。このビルはJCTから徒歩5分の所にあります。

・宝石仕入れ展示会バンコクジュエリーショー

宝石の街だけあり、展示会も行われていたりします。バンコクでは年に2回開催される
「バンコクジュエリーショー」があり、この期間は世界各国からバイヤーがタイを訪れて
このジュエリーショーに参加して安く原石を仕入れに来たりしています。

【タイで購入すべきおすすめの宝石】

バンコクの宝石市場には、世界各国から集結したありとあらゆる宝石がたくさんあります。しかし、原産地は
海外からの物が殆どかもしれません。では逆にタイで是非とも購入すべき宝石は何でしょうか?

それは、エメラルド・サファイヤ・ルビーです。どれも色が鮮やかな定番の宝石ですね。特にルビーは
タイではよくとれるそうで、かなりお安く手に入る様です。日本で購入するよりもかなり安いみたいです。

いかがでしたか?タイが宝石市場で有名だとは知らない方も多いと思いますが、もし、これからタイに
旅行に行く方がいらっしゃったら、是非JCTに足を運んでみて下さい。掘り出し物があるかもしれませんよ。

おすすめの記事