指輪をプレゼントする際の選び方デザイン

指輪をプレゼントする際の選び方デザイン

まずはプレゼント用の指輪の選び方ですが、予算、交際期間、プレゼントする時期によってそれぞれ異なってくるかと思います。また相手がサプライズ好きかどうかによっても違います。

サプライズ好きな相手へのプレゼントとして選ぶ場合は、相手の指のサイズを知っておかなければなりません。

相手の友達がいれば頼みやすいですが、共通のお友達がいない場合、なかなかサプライズをするのに指のサイズを知るというのは難しいですよね。

また男性は、女性の指のサイズなんて全く見当が付かないという場合もあるでしょう。

全くわからない場合は、例えばストローなどの袋でそれとなく結んでみるという行動をすれば、相手ももしかしてという期待をするでしょう。

そこであえて指輪の話をしなければ、サプライズでしてくれるに違いないときっと無粋に質問はしないでしょう。

また付き合いが浅い場合でサブライズの指輪のデザインは、シンプルより少し目立つものがいいかなと思います。
やっぱりおつきあいしている人からの指輪は、うれしいものです。

結婚指輪ではないのですから、かわいく少し目立つデザインは女心をときめかせます。

きっとお友達に「それってもしかして」と指輪についての話で盛り上がることもあるでしょう。

相手が、サプライズはそれほどという場合は、それとなく指輪をプレゼントしたいという気持ちを、相手に伝えるといいのかもしれません。
素直に指輪が欲しい。といえない女性もたくさんいます。

相手から指輪のプレゼントをほのめかされたらとてもうれしいはずです。
では一緒に見に行かない?で決まりです。

指輪選びの際は渡す相手と一緒に見にいくのも良い

指輪をプレゼントする際の選び方デザイン

デザインについては、相手にゆだねることがおすすめです。
もし自分に決めてほしかったらこんなのどうかな?と提案してみるのもいいですし、どういうのが好きかな?と相手に聞いてみるのもいいでしょう。

お揃いの指輪がいいな。と思っていることもあるので、まずは相手にゆだねてみると答え方によって
幅が広がるのでいいかもしれません。

少し慣れてきたお付き合いの中での指輪のプレゼントはまた意味合いが違ってくることもあります。
おつきあいしたてのように、私もらったのよ。というような目立つジュエリーから、少し落ち着いたいつでもつけておけるもの。

つけていることでお互いつながっていることが意識できるそのようなシンプルなデザインがおすすめです。

またお揃いでというリクエストもくるかもしれません。
相手と同じ盛り上がった気持ちであれば、相手にゆだねてみるのもいいでしょう。

おすすめの記事