結婚指輪を造る匠

結婚指輪を造っている職人たちは、世界で一つだけの結婚指輪を作り上げるために、さまざまなこだわりをもち、製造を行っているといえるでしょう。

結婚指輪の職人たちは、長年の経験を持っていることが多いです。そして、これらの経験から得ることが出来た、その巧みな技術を駆使して、お客様が求めている、オンリーワンのリングを心を込めて創りあげています。

一本の結婚指輪を作り上げるまでには、さまざまな工程があるといえるでしょう。

ミル打ち(ミル打ち(ミルグレイン)

結婚指輪を造る匠

たとえば、結婚指輪の製造過程として、「ミル打ち(ミル打ち(ミルグレイン))」から、そして、「彫留め・爪留め」、さらには「マイクロセッティング」、「磨き」といった工程があります。これらの工程についてですが、職人ごとにこれらの工程を分けて行う場合もありますし、さまざまな職人が在籍しているという工房も実際に存在しています。

さらに、これらの工程をほぼ機械で行い、そして最後の作業だけを職人が行っているという工房ももちろんありますが、最近では、最初から最後までの工程をこだわりをもった職人が行っているという工房もあります。

今、多くの販売されている結婚指輪は、型などに金属を流し込んで造られている指輪が多く、こういった結婚指輪にはデメリットがあるといえるでしょう。

まずは、こういった指輪の場合には、すぐに変形をしてしまったり、曲がってしまったり、折れてしまいやすくなっています。

しかし、本当にこだわりをもった職人たちの場合には、地金から叩き、そして鍛えることによって、丈夫で、変形しない、そして長く愛用することが出来る結婚指輪を作り上げることが出来るのです。

さらに、結婚指輪に関すると、変形をしないように、特別な素材を使い、量産品を造っているというところもあります。しかし、こういった場合ですと、今度はサイズ直しがきかなくなってしまうというようなデメリットがあります。

まとめ

従って、結婚指輪を造っている職人たちは、親から子へと伝えることが出来るような、そんな長く愛用できるような指輪を作成することにこだわっているといえるでしょう。本来結婚指輪とは、長く親から子へと渡すことが出来るような指輪であり、受け継がれていくものであると考えられています。

職人たちは、こだわりを持ち、長くの間受け継ぐことが出来るような指輪を製造することにこだわり続けています。この場合、サイズ直しができなければ不便ですし、そうなると量産品ではダメで、手作りの指輪が必要となるのです。

おすすめの記事