結婚指輪を造る、職人たちのこだわりについて

美しく繊細で綺麗な結婚指輪ですが、結婚指輪はほとんどの場合、長く使い続けることが前提です。

このため、どのショップにおいても、オーダーメイドという形を取っていることもありますし、一つ一つをこだわりの製造や製法によって、作成されていることがほとんどです。

指輪が作られる工程は?

結婚指輪を作る職人たちは、どのようなこだわりをもって、結婚指輪を作成しているのでしょうか。

まず、結婚指輪の職人たちは、創業してから歴史のある工房で指輪を製造していることが多いです。長いところでは、創業から50年という歴史を持っている工房で、確かな技術によって、製造を行っているところもあります。

さらに、結婚指輪を造る職人たちのこだわりとして、世界中で職人たちは、修行を積んでいると言うことです。

ほとんとの工房においては、結婚指輪を造る職人たちは、世界中で修行を積んでいることが多く、日本だけではなく、たとえばイタリア、アメリカなどの、本場での修行を行っています。

こういった海外で得た技術だったり、さらには、代々続いているそのブランドの工房の技術を合わせていることがほとんどです。

職人は常に技術向上を目指している

さらに、結婚指輪を造る職人たちは、その技術に甘んじることはありません。常に最新の技術の向上につとめていることがほとんどです。

結婚指輪には、デザインの移り変わりや、お客様の希望によって、さまざまなアレンジをする必要があります。さらに、オーダーメイドに不安を感じているというお客さんもいらっしゃるといえるでしょう。

こういった不安をなくすため、常に技術の向上を目指しているのが、結婚指輪の職人たちなのです。

結婚指輪工房は、そのブランドによって、その職人がどこまで作業を行っているのかそれぞれ違いがありますが、こだわりのある工房では、熱い鉄の塊から、指輪を取り出し、そして一つ一つを作り出すというところから職人が手がけているところもあります。

今は、金属を型に入れて、作り上げていく方法、そして金属からたたいたり削ったりして、一から作り上げていく方法があります。こだわりのある工房においては、一から作成している工房も少なくありませんし、最初から最後までを人間の手で手がけているところもあります。

最近では、ほとんどが機械作業になっている結婚指輪作りですが、こだわりをもつ職人たちは、最初から最後まで手作業を徹底していて、一つの結婚指輪という作品に、時間と手間をかけているというところが多いのです。

広告 海外不動産を購入して家賃収入を得ましょう。憧れの不動産経営をするにはhttps://www.sukliving.comまで。

 

【プレ花嫁様必見】結婚指輪の選び方&オススメブランド5選

プロポーズされたら次は結婚指輪選びです。永遠の愛を誓う結婚指輪は、これから何十年も身に着けるもの。後で後悔しないように、事前に結婚指輪を選ぶためのノウハウをチェックしましょう。また、人気のオススメブランドもご紹介いたします。

1.そもそも結婚指輪とは

結婚指輪(マリッジリング)とは、これから夫婦となる2人が永遠の愛を誓って交換する指輪です。婚約指輪(エンゲージリング)と違い、男女ペアで身に着けるのが一般的です。結婚指輪の始まりは、古代ローマ時代までさかのぼるといわれています。

2.どのような指輪をえらぶべき?

普段使うアクセサリーとは違い、結婚指輪は何十年も日常的に身に着ける指輪です。もちろん毎日身に着けるものだからこそデザインは重要ですが、傷がつきづらく丈夫なもの、日常生活に支障が少ないもの、歳を重ねても身につけられる指輪を選ぶことが大切です。また、最近は結婚指輪をペアにしないカップルも増えています。同じ店で別のデザインにするケースや全く別の店で購入するケースもあります。一生もののジュエリーなので、お互いが納得のいく指輪を選びましょう。そこで、一般的な結婚指輪のデザインの種類をご紹介いたします。

(1)ストレートライン

ストレートラインとは、指輪のラインがまっすぐな王道のデザインです。シンプルなデザインのため、年齢を重ねても飽きないという点で人気が高いです。また、婚約指輪(エンゲージリング)や普段使用するアクセサリーとの重ね付けがしやすいのも特徴です。ひとことでストレートといっても、指輪の幅によって印象が大きく変わります。華奢で優しい印象が良い場合は2.5mm前後がオススメです。

(2)ウェーブ

ウェーブとは、指輪が曲線になっていて優美でオシャレな印象を与えるデザインです。滑らかな曲線は、指を細く長く見せる効果があるため指が短い方や、太さが気になる方にオススメです。結婚指輪はストレートが一般的でしたが、最近は20代〜30代の女性を中心にウェーブが人気です。曲線に合わせてダイヤモンドが入ると、指を動かすたびに光の反射でダイヤが輝き、とても優美な印象を与えます。

(3)㈸字ライン

㈸字ラインとは、結婚指輪のラインが㈸になっているデザインです。シャープな印象を与え、㈸字の部分が縦のラインを強調するため指長効果があります。さらにダイヤモンドをあしらうと、ゴージャス感が加わりさらに印象的なデザインになります。男性と女性の指輪を重ねると㈸字の部分がぴったりとかさなるため、2人の愛の証としてとても人気です。

(4)エタニティリング

エタニティリングとは、指輪の全周にダイヤモンドが入ったデザインの指輪です。婚約指輪(エンゲージリング)としても人気なデザインです。指輪の全周に途切れないダイヤモンドは、永遠の愛を象徴しています。指が動くたびにダイヤモンドが輝き、印象に残るあこがれの指輪です。しかし、日常生活や仕事に支障がでる場合もあるためダイヤモンドの大きさやデザイン選びには注意が必要です。最近は、「ハーフエタニティリング」という半周のみダイヤモンドが入ったデザインも人気です。ハーフエタニティリングの場合、いつもはダイヤモンドがある方を上にして、仕事やお葬式などのシーンではダイヤモンドが手のひら側に来るようにすることで2パターンの使い方が可能です。

3.結婚指輪の人気ブランド5選

結婚指輪を取り扱っているブランドはたくさんあります。デザインや相場だけではなく、アフターケアも含めて後悔しないように選びましょう。ここでは、厳選した結婚指輪の人気ブランドをご紹介いたします。

(1)カルティエ(Cartier)

フランス・パリで設立された伝統的な世界の5大ジュエリーブランドの1つです。王室御用達の格上ラグジュアリーブランドで、高品質に定評があります。結婚指輪の特徴としては、リングの幅がしっかりしていることが挙げられるため、ゴージャスやエレガントな雰囲気が好きな方にオススメです。

(2)ティファニー(TIFFANY&CO.)

ティファニーはアメリカ・ニューヨークで設立された世界のジュエリーブランドです。高級感のあるブランドでありながら、デザインの幅が広く華やかな印象で特に若い世代からも人気です。ファッション性があるため、かわいさやキラキラとした女性の華やかなイメージを与えます。映画やドラマの題材で取り上げられることもあるブランドなので、その点で憧れる人と、逆に他のブランドを好む人にわかれます。

(3)ニワカ(俄)

俄は京都で誕生した日本のジュエリーブランドです。すべての指輪に、コンセプトと名前があり、指輪1つひとつに世界感があるのが特徴です。2人の思い出や将来の願いを指輪の世界観に重ね、より一層想いをこめて身に着けられる特別な結婚指輪です。日本のブランドならではの、フィット感のある華奢なデザインのラインナップがあるのも特徴です。

(4) エクセルコダイヤモンド(EXELCO DIAMOND)

ダイヤモンドのクオリティで選ぶならエクセルコダイヤモンドがオススメです。エクセルコダイヤモンドはベルギー王室御用達のブランドで、かつてダイヤモンドのクオリティで世界1位という結果をたたき出しています。(海外ではトルコウスキーの名前で販売しています)大粒のダイヤモンドだけではなく、小さなダイヤモンドのクオリティにまでこだわっているため、輝きはトップクラスです。外資系のブランドは、アフターケアに制約がある場合が多いですが、エクセルコダイヤモンドは永久保証がついているのも特徴です。

(5) アイプリモ(I−PRIMO)

豊富なデザインで、高品質なものが手ごろな価格で購入できるため、幅広い層にオススメなのがアイプリモです。世界的に有名なダイヤモンド取引市場のイスラエルから直接買い付けを行っているため、希少価値の高いダイヤモンドの取り扱いもあります。国内の専門ブランドだからこそ、日本人の指になじみ、デザインの幅も非常に多いです。海外のラグジュアリーブランドに比べ、若いカップルでも購入できるお手頃な価格帯なので、予算が少なくても結婚指輪を手に入れられます。

4.結婚指輪にふさわしい指輪の素材とは

デザインだけではなく、何十年も身に着けられるように結婚指輪は素材選びが重要です。同じデザインでも、素材によって印象も価格も大きく変わります。そこで、一般的な素材の種類をご紹介いたします。

(1)プラチナ

プラチナは、不変の白い輝きから「永遠の愛」の象徴でもあり、日本の結婚指輪で1番人気の素材です。毎日身に着けても変色、変質せず、金属アレルギーによる心配もありません。何十年も身に着ける指輪として、耐久性があるだけではなく、まっ白な輝きが宝石として価値が高いため、総合的にみても1番オススメです。

(2)イエローゴールド

実はヨーロッパやアメリカではゴールドの結婚指輪が主流です。イエローゴールドはクラシカルな雰囲気でゴージャスな印象を与えます。また、変色にも強く、結婚指輪に向いている素材です。手持ちのアクセサリーがゴールド系のものが多い場合や、日焼けした肌の場合はファッション的にも合わせやすいです。ただし、金の純度が低いと金属としての価値が落ちてしまうため、18金以上のものを選ぶのがオススメです。

(3)ピンクゴールド

ピンクゴールドは、イエローゴールドに銅を混ぜてつくる金属です。イエローゴールドと比べ、日本人の肌に非常になじみがよく、ふんわりとした優しい印象になります。かわいらしい印象ですが金属として非常に強度は高いため、サイズ変更が難しい場合があります。購入する際は事前の確認が重要です。また、変色する性質があるため、温泉に入る際は外すようにしましょう。

(4)ホワイトゴールド

プラチナと見た目は似ていますが、金に銀やパラジウムという金属をあわせ、さらに白くなるようにロジウムという白色の金属でコーティングを施したものがホワイトゴールドです。ホワイトゴールドは、プラチナの様に白く輝きますが価格が安く、つけ心地が軽いことも人気の理由です。しかし、プラチナと違って長年使用するとロジウムのコーティングがはがれて変色してしまうため、元に戻したい場合は再度コーティングする必要があります。

5.結婚指輪購入の際に気を付けるべきポイント

初めての結婚指輪選びでは、どんなことに気を付けたらよいでしょうか。購入した後で後悔しないために結婚指輪を購入する際に気を付けるべきポイントをご紹介いたします。

(1)受け取りまでの期間

結婚指輪を購入したらすぐ指輪を持ち帰ることができる場合もありますが、ほとんどの場合、刻印やサイズ変更で購入してから受け取りまで1か月程かかります。購入した指輪がオーダーメイドやフルオーダーメイドの場合、さらに長い期間手元に届きません。結婚式に結婚指輪が間に合わなかったということがないよう、事前に受け取りまでの期間を確認し、余裕をもって選びましょう。

(2)アフターフォロー

結婚指輪を美しい状態で長く身に着けたいのなら、アフターフォローのサービス内容の確認が重要です。特に女性は、妊娠と出産を経て体型が変化する可能性が高いです。サイズ変更は可能か、さらに有償なのか無償なのかを事前に確認しておきましょう。また、エタニティリングなど、ダイヤモンドがついているデザインは、万が一ダイヤモンドが外れてしまった場合のアフターサービスを知らないとせっかくの指輪が台無しになります。アフターフォローも含めて結婚指輪を選ぶことが大切です。

(3)素材選び

結婚指輪は何十年も身に着けるため、どんなに大切に扱っても傷や汚れ、衝撃があると変形してしまうリスクがあります。変色、変質がすくない耐久性のある素材を選ぶことで、年月を重ねても美しい指輪でいられます。同じデザインでも素材を変更だけで数万〜数十万予算が変わるケースもありますが、何十年も使う指輪の素材にはこだわりましょう。

6.結婚指輪を購入する手順

やみくもにお店に足を運んでも、なかなか気に入った指輪に出会えないこともあります。そこで、結婚指輪選びは妥協したくないけれど早く結婚指輪を身につけたいあなたに、購入するまでの手順をご紹介いたします。

(1)まずは、徹底的にリサーチする

結婚指輪のブランドやデザインはとても多いため、まずは自分のイメージをつくることが大切です。ブランドを優先したいのか、デザインや指輪の世界観を大切にしたいのかまずはじっくり話し合いましょう。イメージがわかないときはお店に足を運んでもよいですが、自分自身のイメージがないままお店にいってしまうと、なかなか決められなくなるケースが多いです。インターネットの検索だけではなく、インスタグラムなどのSNSで情報を集めるのも1つの方法です。

(2)実際に来店し、試着する

自分が欲しい結婚指輪のイメージやブランドが決まったら、さっそくお店に足を運びましょう。人気の店は事前に予約をしないと何時間も待たされるケースや予約して来店すると割引やアイテム等の特典を受けられることがあります。実際にお店に行ったら、お目当ての指輪を試着しましょう。写真では素敵な指輪も、実際に自分の指にはめると想像と違って合わないこともあります。自分の目で見て判断しましょう。

(3)正規店で直接購入する

気に入った指輪が見つかったら、正規店で購入しましょう。購入時は、結婚指輪の取り扱い方法や購入後に受けられるアウターサービスについて確認することが大切です。また、いつまでに結婚指輪が必要かを逆算し、購入から受け取りまでの期間を店員さんに確認するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。結婚指輪は、大好きな相手と永遠の愛を誓う指輪です。一生ものの指輪だからこそ、しっかりと事前に準備して後悔しないようにしましょう。